FC2ブログ
 

梨梨子の、ご主人様との事

たわいもない会話www

先日、朝から具合が悪くて、熱は無い様だけど
頭痛と吐き気で起きているのがしんどくて、
何も食べずに夜までずっと横になっていました。
夜になって、少し楽になってきた気がしたのと、母に
「何か食べて薬を飲みなさい」と言われたので、お粥を少し食べたんです。

そしたらそれが呼び水になって、胃をムカムカさせていた胃液を
一気に吐き出させてくれました。

食べた物もついでに全部出ちゃったけど、おかげですっと楽になりました。
その後自分の部屋で、ご主人様とスカイプを繋いだ時
「今晩は」とか「今日は寒かったよ~」とか挨拶を交わしたくらいで、ご主人様が

「なんか、今日は元気が無いね?」って、すぐ分かっちゃうんですね。
「声もちょっと変だぞ?」って。

それで、その日朝から調子が悪かった事を話しました。
「なんだか頭痛がして、吐き気がして、ずっと寝てたんです。」
「つわりだな(^-^)」
「ええ~~(汗)何時の子でしょう?」
「どうだろうね?」
「やっぱり11月の時の子かな?3か月くらいでしょうか?(´m`*)」
「妊娠してるのに生理が来るなんておかしいね~w」
「( *´艸`)クスクス、想像妊娠ですかね~?」

なーんて、ホントたわいない冗談だけど、妊娠しちゃう様な事をしてる間柄だから
実際妊娠したら困るけど、ちょっとキュンとしちゃいました。(〃▽〃)

なので、書き記しておくことにしました。えへへ( *´艸`)



スポンサーサイト
[PR]

PageTop

報告の義務②・・・生理

大抵のご主人様の居る女性は、
生理が始まるとご主人様に報告してると思うんだけど
私もこの2年ちょっと、報告し続けています。

でも、これ実はちょっと恥ずかしいです。
「生理が始まりました。」という、言葉にすれば簡単な一言だけど
それを、男性に言うのは、やっぱり恥ずかしいです。(///ω///)

最初は、言わなきゃいけないとか思っていなくて、
でも、言わざるを得ない状況って物が有るから(汗)その時
「あの、私一昨日から生理で・・・だからその・・・(///Å///)」
なんてモジモジ言っていると、

「おや、報告が有りませんでしたね?」

「報告・・・するんですか?毎回??(;´Д`)。。」
(え、でも・・・ハズカシイ・・・(汗))

「そうですよ。当然でしょう。(^-^)」

「ハイ・・・(///ω///)」

でも最初の頃は中々言い出せなくて、言いそびれてしまって次の日、
「昨日から始まりました」って言っちゃったり・・・(´Д`;)

ある日遠隔で遊んで頂く時、その日はとっても挿入して欲しくて、
まだ出血が少ないから大丈夫だろうと、始まった事を黙っていたら
「そういえば、今月は生理まだ来ないの?」って、突然聞かれて∑(@Д@;)

「あの・・・実はさっき始まってしまいました・・・(///ω///)」
と、正直に答える羽目に。(汗)

「どうして言わないの?」

「んと、それは・・・(///Å///)・・・」

「黙ってたら、入れて貰えると思った?」

「・・・ハイ・・・(///д///)」

「(´▽`*)アハハ、まったく困った子だね。そんなに入れて欲しかったんですか?」

「(つд〃)うぅっ。。・・・ハイ・・・」

悪い事は出来ない物です・・・(汗)
結局その日は、お預けじゃ無く、入れて下さったと思う。
甘やかされてますから(*´艸`)ムププ

でもその後、しっかり釘を刺されました。
「報告はちゃんとしなさい、その上で、どうするか?でしょ?」

その様な事を経て現在に至る訳ですが。
今でもやっぱり「始まりました。」って報告するのは恥ずかしいです。
出来るだけ「さり気無さ」を装っていますが、
だって、それ自体が生々しい現象だから、それが私に起こっていると報告するのは
やっぱり恥ずかしいです。(///Å///)~3


PageTop

何気ない、毎日の幸せな事。

私達は住んでいる所が離れているので、よくお天気の話をします。
「こっちは今日は雨でしたよ。」
「こっちはまだ降ってないな、明日降るって言ってたけど。」って感じで。
先日も雨の日、前の晩、寝苦しくて中々寝付けなかった話をしたんです。

「昨夜なんだか寝苦しくて、寝付けなかったんですよね。」
「なんでだろうね?」
「多分、ちょっと温かかったんだと思うんですよぅ。自分では中々気付かなくて
羽毛布団と毛布を着てたんですけど、じっとして眠ろうとすると
何だか寝苦しくて、布団を抱え込んで横になって背中や足が出た格好になったり
そうしてると寒くなるからまた布団を掛けたりの繰り返しで、
結構長い時間そんな事してて眠れなくて・・・」

「それは困ったねぇ。」
「でも、多分暑かったんです。暑かったんだけど、布団から手足を出すと寒いから
暑いって事に気付かなくて、それで眠れなかったんです。」
「ああ、そう。r(^Å^;)」
「それでやっと、暑いから寝れないんだって気付いて、毛布を外したんです。」
「うん。」
「そしたら・・・眠れました。
「そうか、でかした!!でかしたぞ梨梨子!!( *^∀^)0彡 」
「ええええ~~~~、(///∇//) wwwww」

もう、可笑しくて可笑しくて(≧▽≦)
トロクサいことこの上ない、オチもなんも無い話なのに (;´▽`A``
ご主人様が、「出来の悪い子を、大袈裟に褒めて伸ばす!」みたいな
「取って来いが出来た犬を褒める!」、みたいなテンションで
「でかしたぞ梨梨子!(^▽^)ノ」なんて仰るから、なんかもう・・・
嬉しい様な、恥ずかしい様な・・・可笑しくて暫らく笑ってました。

普通はさ、「もっと早く気付いたら良かったね。」とか「ああ、そう。」とか
そんな感じだと思うんだけど、オチが無いんだし(^^;
でもご主人様はちょっと違うんですよね。
何時も思いがけないとこで、凄く幸せになってしまいます。(〃▽〃)


昨夜も、一緒にテレビを見ている時
「今日、温かい?」って聞かれたので、
「うーん、そうですね、温かいですねー。」って答えたら・・・

「今日は咳してないから、温かいのかな?って思った。(^-^)」

ヽ(゜▽、゜)ノ キュ――――――――ン

ご主人様、天使なんじゃないかと思うの。

PageTop