FC2ブログ
 

梨梨子の、ご主人様との事

ご主人様と山口でデート④

休憩の後、小さな島なので一通り一周してみようって事になり、
奥まで行って海を見渡せる角島灯台公園を回って引き返し、
小さな漁港を見ながら少し行くと、その先の浜辺の海の色が凄く綺麗で、
コバルトブルーからラピスラズリの様な深い群青色にグラデーションしてて、
泳いで水中を見てみたくなるような美しさでした。
実際には遊泳禁止の看板が立ってたんですけどね。^^
見た目より深いのかもしれません。

それから牧崎風の公園という看板に向かって行くと・・・
何故か細い道の真ん中に牛糞が・・・( ̄_ ̄ i) 泥?いや牛糞っぽい・・・
そのまま車を走らせるとそこにはリアルな牛が!!
どうやらそこらへんは牧場になってる様なんですが、
何故か親牛1頭と子牛2頭が柵の外に出ちゃってます。
そして道端の草を食べてるし、牛糞あるし・・・(;´▽`A``
取りあえず牛を驚かせない様に、ぶつからないように避けながら先へ進みました。

牧埼風の公園は、日本海を見渡せる景色のいい場所でした。
風が凄く強くて、岩に打ち寄せる波が凄く綺麗でした。

150117_1428~02角島、牧埼、風の岬
150117_1428~01日本海、角島

ご主人様はここでまた一服。^^
海の写真も撮って下さいました。

「じゃあぼちぼち帰りますか。またローターをセットしてごらんなさい(^-^)」
優しい口調で楽しそうに仰います。(///ω///)
私は鞄からローターを取り出し、隣に駐車してある車の人影を気にしながら
スカートを捲り、下着に手を入れローターをクリトリスにセットします・・・
準備ができると、来た道を引き返しました。
これが帰りに撮った牛です。 ちょっと小さいですけどね。(^^;

150117_1431~02角島の牛

写真ではよく分からないけど、奥に居るのが親牛で、手前が子牛なんです。 ^^

それからまたご主人様のタイミングでローターのスイッチが入れられ
私のむずむずドライブが始まります。
ローターの振動は何時もマックスでは無いので、微妙な振動に
太腿やお尻に力が入ったり、身体をモジモジさせたりしてると
不意に思い掛けなく凄くイイ時が有って、思わず大きな喘ぎ声がでちゃう
すると、ご主人様は楽しそうに笑って下さいます。(///ω///)

私が助手席のシートに凭れながらいくにいけず悶えていると、
ご主人様が手を伸ばしてきて、私のスカートの上から
クリトリスの上にセットしたローターをグイグイ押してきたんです><
突然強くなった刺激にお尻が痙攣し、どんどん高まって逝ってしまいました(/ω\)
ご主人様は凄く楽しそうに笑って、それを何度か繰り返され
その度にイかされてしまいました。(*´Д`)

道の駅で休憩したりしながら、高速を使わずにのんびり戻って来ると
すっかり夜になっていました。
よく利用してるファミレスで晩ご飯を食べて
いくつか候補に挙げてたホテルを調べてみたけど、
どこも土曜の夜は宿泊が22時からで、翌日は10時か11時まで
のんびり出来るとこが無くて・・・仕方なく10時まで時間を潰して
良さそうな所に決めて入りました。

リフォームして余り経ってないみたいで、綺麗なお部屋でした。
が、床が凄く冷たくて(^^;暖房があまり効かなかったんだけど
私達二人とも暑がりだから、まあ平気かな・・・w

そのホテルはウエルカムスイーツでケーキが付いてたので、まず注文して
ご主人様に熱いコーヒーを入れ、コンビニで買って来た物を頂きました。
私はプリンのケーキ、ご主人様はモンブラン。
「私それとこれ迷ったんですよね~(´▽`)」
「俺も、じゃあ半分こする?(^-^)」
「はい(〃▽〃) 」
って感じで・・・ケーキ食べた上にさらにコンビニスイーツを食べつつ(;´▽`A``
テレビを点けて、ホテルの設備をチェック・・・

「あれ?ここえっちなチャンネル無いんですかね?」
「いや・・・あるんじゃないか?」
ありました。^^
なんてカテゴリーだったかな?マニアック??
そんな様なのを選択すると、SM系のタイトルがずらっと出て来ますよね。^^
選んでいくつか見てみたんだけど・・・なんかタイトルと内容が違う・・・
凌辱とか書いてあるけど、どう見ても合意の上だし・・・(^^;
いや演技っていうより、イメージビデオみたいだったので止めて、
もう一つは監禁暴行的なタイトルだったけど、もたもたした演技で
緊迫感無くて~(^^; 止めた。

最後のは・・・出演者全員の演技が下手過ぎて!しかもテンポが遅くて!
設定もなんか陳腐でよく分からんし、お嬢様って設定なのに家も服も
お父さんも、何もかもが安っぽくて笑う~(≧m≦)早送りしてみたけど
結局見てると突っ込みたい気持ちにしかならず(^^;
「ご主人様、お風呂入りますね。」って、切り上げてお風呂に入りました。

そのホテルのお風呂は前の日のホテルと似た様なサイズで、
まあまあゆったりだったけど、浅くてお湯から出てる面積が多いから
冬場はちょっと寒い~(^^;
何時もの様にお風呂で一杯可愛がって頂いて、
恥ずかしい恰好でクリトリスを舐められ何度か逝かせて頂きました。(〃▽〃)
御奉仕も乳首を弄られ喘ぎながらさせて頂いて、お口に出して頂きました。

出した後も未練たらしく舐め続けて、
くすぐったがって逃げようとするご主人様の腰をがっちりホールド
ちゅーちゅーしてる内に楽しくなってしまい^^
わざとご主人様によく見えるように舌を長―く伸ばしてお顔を見ながら
「え〝~~~~」とか意味不明な音を発しつつ、舌先でおちんちんの先をレロレロ
「(´▽`*)アハハ、もういい!もういいから止めなさいっ!!」って言われたけどw
結局ご主人様が下半身を水没させてしまったので、
お湯の中までは追えませんでした。

それから、熱いお湯を足して充分温まってからあがりました。
身体をタオルで拭かせて頂た後、ご主人様は裸のまま
咳だったかクシャミだったか?をしながらトイレに入ろうとなさってたので
冷えるだろうと思って、後ろからローブを掛けて差し上げると、
「おお、サンキュー。気が利くね~。段々気が利くようになってきたねぇ。^^」
って言って下さって
「えへへ、レベルアップしてますか?(〃▽〃)」って言ったら
「そうだねぇ。」ってこたえて下さったんだけど、なんかね
そういう事って匙加減が難しいんですよね・・・(-。-;)

お友達が上手い事言ってて、思わず「そうそう!そうなのよ!」って思ったのは
『気が利きすぎる、要らないお取り分け料理を取ってくれるみたいな、
押しつけがましい程の出来る(気が利く)アピール』www
そういう御機嫌取り的な行動って、どうなの?って思っちゃうから・・・
出来るだけさり気無く自然に、された方も気付かないくらいにしたくて
「あっ、それ私が!私が!!」みたいにはしたくなくて。
どこまでしていいのか?どこからが余計なお世話なのか??って
考え過ぎちゃったりして・・・( ̄_ ̄ i)

最近段々ご主人様との距離も縮まって来て、ちょっとずつだけど
見えなかった物が見えてきた気がするから、
気が付いた時迷わず行動できたり、し始めたんじゃないかなって
自分では思うんですけどね。(●´ω`●)ゞ
まあ、まだまだなんですけど、元々気が利かない性質なので(;´▽`A``

その夜は時間も遅かったし、ご主人様も長距離運転でお疲れだったので
水分補給をした後、すぐにベッドに入りました。
腕枕をして頂いて、暫らく頭を撫でて下さりながら眠るまでの間
お話しして過ごしました。


続く・・・

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

PageTop

ご主人様と山口でデート③

前の夜は寒くて凄い風で、木の枝が大きくザワザワする様なお天気でしたが
朝は凄く寒かったけど、お天気は晴天でした。(^-^)

ご主人様はいつも朝、カーテンを開けたり、鎧戸を開けたりしてお部屋を明るくします。
ここのお部屋はカーテンを開けると、足元まで透明なガラス戸なんです。
その向こうに建物を覆うように更にガラスの壁が有って、
その外ガラスと建物の間が吹き抜けになっています。

「う、外から見える・・・?(゚_゚i) 」って思ったけど
(私は白のキャミ一枚しか着てなかったから(//・_・//) )
外は手前が広い駐車場で、奥に工場らしき建物、その横は船着き場になっていて
人の姿は見えませんでした。
ご主人様は「誰もいないでしょ?^^」なんて言ってソファに座ってテレビを見ています。

起きたのが9時半くらいで、ホテルのチェックアウト時間は11時です。
熱いコーヒーを淹れながら
「今朝はどうなさるのかな?あんまり時間ないけど・・・。」
なんて、ご主人様の様子を窺っていたのですが
拘束椅子とか、手枷とか使う気配無さそうです。
昨夜寝るの遅くて、あんまり寝てないし・・・r(・_・;)
残念だけど仕方ないですね、この後も長距離ドライブだし、と諦める・・・(´_`。)

今回下関に来たのは、唐戸市場で海鮮丼を食べる為です。
駐車場に車を置いて市場へ向かいます。
市場の入り口付近では海からの風が強くて、ポツポツと飛沫がかかるほどで
「雨かな?飛沫??」なんて海の方を見ながら話してると
突然ご主人様が足元の排水溝の段差に足をとられて、
足首をひねってしまいました(><。)凄く痛そう・・・

私に心配をかけない様に、大丈夫って言って下さったけど、後で
「大分良くなったけど、あの時は凄く腫れて来てヤバかった^^」って・・・(´□`。)
なのに何時も通りニコニコと手を繋いで、市場を一緒に回って下さいました。

SN3Q0559唐戸市場1

予定通り中のお店で海鮮丼を選んで、お寿司もいくつか選び
懐かしいクジラ肉の竜田揚げも買って頂いて、市場のテーブルで食べました。
「美味しいね~、でも冷たいねー(^Д^;)」って言いながら。
クジラ肉も凄く美味しくて、二人とも満足・満腹でした~。

それから母へのお土産に、母の好きなちりめんじゃこと、イカの干物を買って
次の目的地の角島に向かいます。

駐車場で車に乗り込む時、ご主人様が私に
「梨梨子、ここでローターをセットしなさい(^-^)」と仰いました。
私は鞄からローターを取り出し、助手席に座ってスカートを捲り上げ
クリトリスにくっつける様にセットしました。(///ω///)
セットし終わると、まだスイッチは入れずに車を発進させ料金所へ向かいます。

私は鞄から財布を出して準備していたんだけど、料金所は無人では無くおじさんが居て
その時自分が、ローターのコントローラーを持ってる事に気付いて焦るー(;°皿°)。
なのに、ご主人様が駐車券を渡したとこへ別のおじさんが声を掛けて来て、
さっさと行きたいのに、ちょっとそこに留まる事になっちゃって(;´Д`)
コントローラーを財布の下に必死で隠そうとするんだけど、
ピンクのコードがその先から出てスカートの下へと続いているのは
小さな財布一つでは隠しようもなく・・・><。
何だかおじさんが私の手元を見ている様な気がして凄く焦るヽ(;´Д`)ノ

声を掛けてきたおじさんとの用事もすぐに済んだ様で、料金を払って出ましたが
おじさん気付いただろうか・・・?。(´д`lll) 焦ったなー

少し走って市街から山道に変わった頃、ローターのスイッチが入れられました。
凄く良い位置にセッティングできたらしく、最初から気持ち良くてヤバい・・・(///Д//)
すぐに身体が熱くなり、額が汗ばんでくる
「ご主人様・・・熱いです・・・(;´Д`)」
「そう?」
「私だけですか???」
「そのようだね^^」

ムズムズして堪らなくて、思わず目を固く閉じてしまう
でも目を閉じてると車酔いしそうだし、折角のご主人様とのドライブなのに勿体無い。
でも、だけど・・・あああん・・・もう変になっちゃいそう・・・ヽ(;´Д`)ノ
ご主人様が欲しくなる~(;´Д`) うぅっ。。

ご主人様は隣でどんな気持ちで居るんだろう???
クスクス笑いながら、時々私の胸をサワサワして下さいます。
そうされるともう一気に高まってしまいますっ><
目的地に着くまでに2回?3回??逝ってしまいました・・・(*ノノ)

そして目的地が近くなって来ると、目の前に日本海が現れます。
風が強くて少し波が高いようです。港の水位からして満潮でしたしね。
水が翡翠の様な透明感のある深い緑で、凄く綺麗でした。
島根、鳥取、山口と、ご主人様と見る3度目の日本海です(*^▽^*)

角島は山口県の日本海側に在る小さな島で、
そこへ渡る為の橋と海の景色が凄く綺麗なので、秘かに人気のスポットなのです。

150117_1442~01角島への橋1

150117_1442~02角島への橋2

橋からの景色を堪能しながら島へ渡り、道の駅で一休み
トイレ&煙草休憩です。
濡らしちゃった下着はよく拭いても、やっぱり履く時冷たかったデス・・・(/ω\)


続く・・・



PageTop

ご主人様と山口でデート②

そのホテルのお風呂は長方形で、幅はあまり無いけど、まあまあゆったりでした。
何時もの様に向かい合わせで足を延ばして座ると、ご主人様が私の足を上に乗せます。
乳首を弄られて身体が熱くなってくる・・・
私は足を開いているから自分ではどうなってるか分からない
ご主人様が触って、「もうこんなに濡らして~^^」って笑います。

指で中も突起も弄られて身体が小刻みに痙攣を繰り返す。
それからご主人様は差し込んでいた指を抜いて、
私の下半身を持ち上げ湯船から出してしまいます。
そして「丸見えだね」とか「いやらしい匂いがする」なんて意地悪な事を仰るんだけど
そんな恥ずかしい事をしているって事に感じてしまうんですよね
だって私・・・アレなので・・・(●´ω`●)ゞ

視姦されながら、舌先が私の核をぐるりとなぞると、強烈な快感が私をのけ反らせ
思わず「イヤ・・・だめ・・・」という言葉が口を突いて出る。
恥ずかしくて、申し訳ない気がして・・・でも気持ち良過ぎて抗えなくて
「ダメ(もっと)・・・いや(もっと)」って、変なモードになってしまう・・・(><;)
ご主人様のぬるりとした舌の感触に、呆気無く何度も逝きそうになる

焦らされたまま今度は御奉仕をさせて頂く。
但し、手だけで口を使ってはいけないと、そして逝くまではしないとの事。
でも舐めたいのに・・・ご主人様の硬くなった物を握りながら
口を近付けて上目使いに「舐めたいですー」っておねだりします。
「そんな顔しても駄目だ^^」ご主人様は笑いながらも許可して下さいません。

でも、やっぱり扱くだけじゃ物足りないんだもん・・・お口に入れたい―ヽ(;´Д`)ノ
でもダメって言われるし、ならばと先端にスリスリ頬ずりすると、
笑いながらダメ出しされました。
「まったく~、そんな小学生みたいな事して―^^」って。
だってだって・・・、(;´Д`) うぅっ。。

お風呂から上がって、ソファでテレビを見ながら水分補給。
もうかなりの深夜です。
キャミソールの上から乳首を弄られて・・・濡れ具合を確認される
足を開かされて覗き込みながら「まだもうちょっとだな・・・」って
更に乳首を弄られます。(/ω\)
そしてまた確認・・・「うん、光って来たね~^^」
んん・・・(///ω///)

「ベッドに上がって四つん這いになってごらん。お尻をこっちへ向けてね。」
「はい」
「ちゃんと自分でお尻を出して。」
「はい・・・(///ω///)」
自分でキャミソールの裾をまくって、お尻を丸出しにします。
はぅ・・・なんてカッコなんでしょう・・・(*ノノ)

ベッドの柵の間からお尻を突き出し準備して待っていると
後ろからお尻を摑まれ、ご主人様の硬くなった物が入ってくる・・・(*´Д`)
入って来た瞬間の感触、凄く好き・・・( *´艸`) はぅーってなります。
でもその日はどういう訳か?気持ちイイより少し痛い・・・??
御主人様のが何時もより凄く硬く感じて、中で形までハッキリ分かる感触
カリが中を擦りながら行ったり来たり・・・先端が子宮口をノックする・・・
その感触が何時もより鮮明で、僅かに痛い・・・???

その日ご主人様は、最初の射精は私の中でと決めて下さってたらしい( *´艸`)
勿論生じゃないんですよ、コンドーさん付きですけど
近頃口の中に出す事が続いていたので、 そうして下さったんですって。
えへへ(〃▽〃)嬉しいです。

結局私は逝けなかったんだけど、ご主人様に求められるのが嬉しい。
そのままお布団に入って腕枕をして頂いて寝るまでの間お話する。
「ご主人様、あの・・・」
「うん?」
「身体を・・・触って欲しいです(///ω///)」
「うん。いいよ。^^」

首筋や耳を指先がなぞると、くすぐったくてゾクゾクする(´Д`*)
そのままお話をしていると、いつの間にかご主人様の手の動きが・・・
(;´Д`) うぅっ。。
ご主人様~それ愛撫じゃ無くて摩擦ですよぅ・・・(´□`。)
ご主人様はもうスッキリした後ですもんね・・・
多分無意識に私を「寝かしつけ」に入っている模様です・・・。゚(T^T)゚。

夜、何時も通り私は寝付けなくて、少しウトウトしたかしないか?な感じでした。
夜中にご主人様が突然暑くなったみたいで、お蒲団をがばっと捲ったんです。
(お布団がフカフカで保温性が良かったので)
足元も捲られて私の上半身にお布団がこんもり・・・(^▽^;) 足元スース―

その時いつの間にか、消していた筈のテレビが点いていたんですよね・・・
リモコン、テーブルの上なのにね・・・(@ ̄ρ ̄@)・・・
煩いので起きてテレビを消して、俯せに寝てたご主人様にお布団を掛けようと思ったら
身体の下に敷いていたのでそっと引っ張ったのですが、起こしてしまいました。(;^_^A

その後も眠れず、朝7時にご主人様の携帯のアラームが鳴って、
それを切ってからまたお布団に入って、多分8時から9時頃まで眠りました。^^


続く・・・

PageTop

ご主人様と山口でデート①

こんな寒い時期にご主人様に逢えるのは初めてです。
ご主人様の出張のシーズンは本来春から秋、汗をかかないデートは嬉しいな。

初日、私には見たい映画が有って、それ1月16日金曜日が、どこも最終日。
何時も元カノと見に行ってたんだけど、今回はうっかりしてたら機会を逃してしまって
『ホビ〇ト』3部作の最終話です。
これ3Dだからどうしても映画館で見たくて、調べたら
山口で1か所、時間的に見れる可能性のある映画館が!
ご主人様に尋ねたら「良いよ」って言って下さったので、初日は映画です。

ご主人様の出張先の最寄駅で待ち合わせ。
5時くらいになるって伺っていたけど、映画は6時25分から、
映画館までの所要時間は1時間25分、ギリギリ・・・( ̄_ ̄ i)
希望を込めて4時から4時半には駅に着いて待ってようと思い
3時半に家を出る予定で仕度をしていると、ご主人様からメールがきた。

「4時迄には〇〇駅に到着予定です。」
それが2時53分。

えええええ~~~ヽ(;´Д`)ノ
慌てて支度したけど、結局家を出たのは予定通りの3時半・・・
そして高速道路を下りる少し前、4時前に「駅に着いた」とのメールが・・・
私が駅に着いたのが4時ちょっと過ぎ、
嬉しいけど、またお待たせしてしまう事になってしまいました(><;)

でも予定より1時間も早く集合できたので、映画には余裕で間に合いました。
山口県は自動車専用道路が凄く充実してて、とっても移動し易かったです。
ただ、街中の国道を走るものだと思っていたのと、地名に疎かったのとで
ちょっと迷ってロスしちゃったんですけどね。(;^_^A

なので、食事するほどの時間は無かったけど、映画が終わるの9時だから
お腹減るだろうと思って、軽くパンを食べてから映画を見ました。
スクリーンが凄く小さい小規模なシアターで、
丁度良い席を既に若いカップルに取られてたから、仕方なく後ろの席で見ました。

以前映画村で見た、360度のスクリーンの3Dがあまりに凄かったから
ご主人様にはちょっと物足りなかったみたい。
ここスクリーンが小さかったから、もっと前で見れば良かったな。反省。
でも、ご主人様のお蔭で見たかった映画も見れたし、映画デートも出来ました
感謝です。o(〃^▽^〃)o

今回は下関の唐☆戸市場で「海鮮丼」を食べるってのを予定していたので、
映画の後は下関へ移動。
ホテルに着いたのは11時前でした。
そうそう、途中で寄ったコンビニの駐車場で奇跡が!!

150116_2238~01奇跡のメーター1

超ゾロ目です!!
その少し前にご主人様が気付いて、「もう少しで全部揃うよ」って仰った時は
33329だったんです。
でもコンビニに立ち寄ったのは偶然で、下りようとした時ご主人様が気付いて
写メに収める事が出来ました。ヽ(*´∀`)ノ

そのホテル、一部屋だけSM部屋があるんです。
それがたまたま空いてて、「これにする?^^」って聞かれたので、
「お任せします(///v///)」と答えたら、そのお部屋のスイッチを押されました。

部屋に入ると、それはもう本格的な拘束椅子が・・・(;^_^A

150117_0947~01ホテルXO下関

あ、写真は朝撮ったので、お布団が乱れててすみません(^^;
拘束椅子は自主規制で半分だけね。^^
手前のポールは上の方に拘束用の鎖と手枷が付いてます。
頑丈なベッドにも、四隅に鎖と手枷足枷が付いてました。

結論から言うと、残念ながらどれも使いませんでした。
ご主人様お仕事の後の長距離運転でお疲れだったみたいで・・・


部屋に入ってテレビを見ながら、遅い晩ご飯の続きを頂きました。
それから何時もの様に一緒にお風呂に入って、その時既に12時過ぎてたかも?

続く・・・

PageTop

男性脳??②

先日、『さ〇まのホンマでっか!?』で、
人差し指より薬指が長い人は生まれつき「男性脳」だと、脳科学の先生が仰っていました。
私はまさにそれ。
子供の頃からそれが当たり前で、皆そうだと思ってました。

しかも、どちらかというと薬指の方が長いというのではなく、明らかに薬指の方が長いです。
ご主人様に「私男性脳なんですって」って言ったら
「うん、そうだろうなって気がするよ。」って仰ったんです。
「え、何でですか?」
「話してて、『訳が解らない』と思った事が無いからね。」

どうやらご主人様は
『女の子の訳の解らない理屈』に悩まされた過去があるようです。(´m`*)

私自身学生の頃、何だか私は周りの女の子達と違う気がするって思ってたんですよね。
周りの女の子達の様に振る舞えないし、「えっ、なんで??」って思う事も多かったです。
私はそれを、自分の頭が悪いからか?と思ったり、ちょっと早熟な子だったので
そのせいか?と思ったりしていたのですが、男性脳だったからなのかな?って
その番組を見て思ったんですよね~、どうだったんでしょうね?

あと『自己完結』しがちだし、
好きな人と居る時会話が弾まなくても、それほど気になりません。

一人で居るのも全然平気なんですよね。
一人で家に居て、一人でご飯作って一人で食べるの
それを寂しいとは思わない性質です。

むしろ一人が楽だったり・・・、子供の頃からそうでしたね。
中2の時、半年くらいだったかな?一人暮らしだった事もありました。
親の商売と引越しと、私が転校したくなかったから等の理由なんですが
全然寂しいと思った記憶が無いです。(厳密には犬もいたんですが^^)

ご主人様も一人が楽で一人が好きな人だから、
私が居なくても平気なんだろうな、って思うと寂しいけど
実は私も一人が楽な人だから、ご主人様の気持ちも分かっちゃうんですよね・・・
ただ私は、好きな人なら一緒に居たいって思うので、そこはちょっと違う。

それに、私には『愛する対象』が必要だ、変な言い方だけど、『愛情の捌け口』が。
愛したい気持ちを受け止めてくれる人、もしくはペットみたいに、無償の愛を注いでも
それが迷惑になったりしない相手が必要なんだと、ある時気付いたんです。
そういう対象が居ないと、心に溜めてはいけない物がどんどん溜まって来るんです。
私の場合家族はその対象として無理だったので・・・(^_^;)
かと言って恋愛は一人では出来ませんし、受け止める側のキャパもあるので
常にワンコを切らす事が出来ませんでした。

今はご主人様が、私が「好き好きー(●´ε`●)♪ 」って言っても
「知ってる(^-^)」って、サラッと受け止めて下さるし
「寂しい―。゚(゚´Д`゚)゚。うぇぇん」ってなっても
「しょうがない子だね~(^~^;)」って、笑って下さいます。

私にとってご主人様は『救い』だったり『癒し』だったりなのです。
一緒に居ると楽しくて幸せで、優しい気持ちになれる、そういう人です。
そういう稀有な人です。
私もそうなれると良いんだけど・・・まだまだっぽいです。(●´ω`●)ゞ


週末はご主人様に逢えます。
楽しみです。(*´艸`) ムフフ・・・

PageTop

明けましておめでとうございます。

なーんて、既にお正月の三が日も過ぎてしまいましたね。
年が明けてまだ一歩も外に出ていません。(^^;

今年は年末年始、珍しく雪で、この辺はあんまり降らない温暖な地域なので
多少積ったところでお昼には溶けてしまう、そんな程度な事もあり
私は雪が大好きです。
だからこの冬は珍しくもう3回も雪が積もって嬉し~のです。( ´艸`)

年末から年始にかけてご主人様は長い冬期休暇をとっていました。
お正月には御実家に帰っていて居なかったけど、それ以外の日
平日には寝てしまう時間を1時間とか、日によってはそれ以上
一緒にテレビを見たり、録画した番組をタイミングを合わせて同時に見たりして
深夜遅くまで何時もより長い時間を過ごして下さいました。

一人が好きで、一人でも寂しくなくて、一人の時間がどうしても必要な人。
そこに私が入り込む隙はまだ無い様で・・・
でもいつか、側に置いても良いと思って下さると良いな。

今年はご主人様、去年のお仕事のトラブルの関係で、
何時もは無い時期の出張が、今月までずれ込んで、その結果
今月逢える事になりました。(*´艸`) ムフフ・・・
母が体調を崩さなければ良いんだけど・・・(;´Д`)=3

今年の秘め初めは・・・最初の土曜日がまだお正月だったので叶わず
次の土曜日まで持ち越しです。
でも最初の土曜日をその日だと思って、時間をいつも通りに合わせてくれて
「今日は秘め初めだね。」って言って下さったの嬉しかった~(〃▽〃)

今年はどんな年になるかな?
ご主人様との時間が増えると良いな~(*´Å`*)

今年もよろしくお願いします。

PageTop