FC2ブログ
 

梨梨子の、ご主人様との事

ご主人様と大阪でデート②

ホテルの部屋は程好い広さで、お風呂は期待通りの大きさでした。
お風呂に入る前に、冷たい物を飲んだりしてちょっと休憩。
汗一杯かいたし、ウエルカムドリンクも一気飲み!^^
ひと心地着いてからお風呂に入りました。

そういえばミナちゃんに
「ご主人様に逢った時、チューってしたりギュウってハグしたりするの?」って
聞かれたけど、私達そういうの無い・・・です。(;´▽`A``

ご主人様の身体を洗ってから一緒に湯船に浸かります。
向かい合わせに座ると、ご主人様の指が私のクリトリスを
軽~くちょこちょこと触れるように弄びます。
「ああぁ・・・ 」って、思わず身体が震えます。

暫らく弄られながら身体を震わせていると、今度は指が中に侵入して来ました。
奥までグイッと差し込まれ、指先を中で曲げ伸ばししている感触・・・
凄い圧迫感、指を何本も入れられてるみたい!?
その内に尿道口を強く押されてる様な痛みがして、
「(;´Д`) うぅっ。。ご主人様痛いです・・・」
「痛い?」
「うん、なんか指を4本くらい入れられてるみたいにきつくて・・・」

結局指は2本しか入ってなかったんだけど、
他の指が尿道口を圧迫していたのかな?という事でした。
「梨梨子が痛がるなんて珍しいね。^^」
なんて仰ってましたけど、ご主人様は基本痛い事はなさいませんから
今回の様にたまたま痛くなっちゃったって事くらいで。

それから私の両足をバスタブの縁に乗せる様に持ち上げて
お風呂のお湯の上に、しかもご主人様のお顔の真ん前に
私の股間が来るようにされてしまいました。(///Д//)

ご主人様は私の太腿が閉じないようにガッチリ固定して
アソコに顔を近づけて、大きく鼻で息を吸いました。
「えええ~~~、ダメーーーーッ((>д<)) 」
慌てて両手でア ソコを覆います。
「(´▽`*)アハハ、手をどけなさい。」
「(;´Д`) うぅっ。。、だって・・・恥かしいです・・・」
「手をどけて、はい気を付けしなさい。」

言う通りにします。そしたらまたお顔を近づけて・・・
「梨梨子、女の匂いがするよ~^^」
「いや~~~~ヽ(;´Д`)ノ ダメです~><。」
「手をどけなさい。^^」
「(;´Д`) うぅっ。。・・・でも・・・だって・・・」
「言う通りにしなさい。」
「・・・はい・・・」

ご主人様は今度は舌先で、私のクリトリスの先を軽くノックしました。
あまりの刺激に身体がずり上がります。
それをご主人様に引き寄せられ、
「動かないで、じっとしていなさい。」と言われ
「無理です~~~。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。 あああん、だめ~~~っ」

引き寄せられてはずり上がり、何度も「じっとしてなさい」と言われながら
ご主人様にお湯がかぶらないように一生懸命じっとしてようと頑張ったんだけど
気持ち好過ぎて無理~~(><。)恥ずかしいし、気持ち良いしで
とてもじっとしてられる刺激じゃ無い・・・

ようやく足を湯船に降ろして下さって、抱き寄せてギュ―ってして下さいました。
華奢な女の子だったら「痛い」とか「苦しい」って言いそうなレベルでしたが
私は大丈夫(〃▽〃) しかも、ちょっと痛いとかちょっと苦しいとかは大好物だし。
ご主人様の首筋をカプカプしながら、ぎゅーを堪能しました。

「じゃあ今度は梨梨子がしなさい」
そう言って、今度は私とご主人様が逆の体勢になりました。
私は口にお湯が入らないように、ご主人様の腰を下から支えながら
ご主人様の、既に硬くなっている物を口に含みました。
何時も、私が御奉仕している時より、うんと硬くて反り返っています。
「???」

私が御奉仕を始めると、少し硬度が減って来たようです。
やっぱりまだ上手く出来て無いんだな~って思いながら
以前何かで見た、ハモニカフェラをやってみました。
「お、なんだ?なんか気持ち良いぞ^^」って言って頂けました。
暫らく色々やって頑張っていると、ご主人様に両手で頭を押さえられ
そのままご主人様が腰を前後に振り始めました。

「あ、イラマして下さってるんだ!(〃▽〃)」
嬉しかったけど、無意識に舌と唇で喉奥を守ってしまう。
だけどそれじゃダメだって思って、頑張ってガードしないように
舌の根から力を抜きます。
お湯が口や鼻に入りそうになって、苦しいのを耐えながら
頭が逃げないように頑張っていると、ついに喉奥を突かれ
「オエッ」となってしまいました。

何度もオエッてなりながらしたい願望は有るけれど
多分ご主人様はその様子に耐えられないだろうな・・・(^^;

オエッとなったところでイラマは終了。
御奉仕を続けていると、ご主人様の手が伸びて来て、
私の両方の乳首を弄り始めました。
気持ち好くて咥えたままで喘いでしまいます。

「ちゃんと口を動かしてないと、こっちも止めるよ^^」
「は、はい・・・」
「んんんんんん~~~~~~~、んぐっ、んんん~~んっんっ・・・ 」
「(´▽`*)アハハ」

私の口が、咥えたまま舌の動きがおろそかになると
ご主人様の指も止まってしまいます。
ご主人様に責められながら御奉仕させて頂くなんて、
気持ち好過ぎておかしくなりそうです。

本当は舐めるのをやめて、思い切り喘ぎたいのに
そうすると気持ち良い事も止まってしまう。
気持ち良くなりたい為に、必死で舐め続ける・・・それがまた気持ち良い・・・
なんて浅ましいんでしょう、欲深いんでしょう、変態なんでしょう・・・
アソコもぐしょぐしょになってしまいました。(///ω///)

そのままご主人様は私の口の中へ、出して下さいました。
しっかり口の中で味わってから呑み込む。
「よしよし、良くできたね。」
「有り難うございました(〃▽〃) 」
「うん、良い子だ。(^-^)」

御主人様のは、やっぱり苦いです。

ご主人様の身体を拭いている時、
「まだ一度も逝ってないよね?」
「はい。(そういえば・・・あんまり気持ちが良かったので気付かなかった)」
「焦らされるのが好きなんだよね?このまま逝かせないでおこうか?^^」
「え、ええ~~・・・んん・・・(///Å///) 」



続く・・・


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

素敵なご主人様ですね(´∀`*)♬
先生に会うことができない私は
デートなさった記事を読むとうらやましくてたまりません笑
梨梨子さんも主様とは遠距離でらっしゃるのでしょうか??
お友達とも会われて、いろいろお話しできるというのもいいですね。
お近くでしたらお会いしたいくらいです(*´艸`)
周りに性癖を話せる友達はいませんので、M女さん同士の直接の交流も憧れます。。

お風呂のくだり、なんだか読んでいてドキドキしてしまいました(〃艸〃)
続きも楽しみにしております☆

Ren | URL | 2014/08/27 (Wed) 09:05 [編集]


今回はご主人様が攻撃的ですが、好かったですね。

グレース | URL | 2014/08/27 (Wed) 17:27 [編集]


Re: Ren様

ありがとうRenさん。(*^-^*)
私は広島なんですよ。ご主人様は神奈川で、凄く遠いです。
だから出張先で逢うのです。( ´艸`)ムププ
私がネットで、お風呂が大きなラブホを探します。
そのホームページをご主人様にも見て頂いて、
最終決定はご主人様がして下さいます。

私はちょっとお節介なとこが有って、M女さんが孤独で居るのは良くないと何時も勝手に思っているんです。
M女って、残忍な或いは無責任なSによって、心も身体も取り返しのつかない事になりかねない、そういう危険と隣り合わせだと思うんです。
だから、M女には色んな事が話せたり相談できたり、悩みを共有できるような仲間が必要だと思っています。
Renさんはそういうお友達はまだいませんか?

Renさん達もお休みを合わせて、どこか中間地点ででも逢えると良いのにね。

梨梨子 | URL | 2014/08/28 (Thu) 01:04 [編集]


Re: グレース様

そうですね~私の気持ちを色々汲んで下さったようです。(^-^)

梨梨子 | URL | 2014/08/28 (Thu) 01:06 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)