FC2ブログ
 

梨梨子の、ご主人様との事

ご主人様と岡山でデート②

翌朝10時に予約をしていた朝食(ハンバーガーとフライドポテト)が届いて
のんびり朝のテレビを見ながら食事、
窓の内側の扉を開けると外は真夏の晴天、凄く暑そうです・・・
ご主人様は「朝日を十分に浴びると体内時計が整うから」って
扉を全開にされたんだけど、何しろ大きな窓で
眩しい上に日焼けしそうだったので、お願いして半分閉めて頂きました。^^

「どこか行くかい?」って聞かれたけど「別に行きたいとこは無いです」って言うと
「(´▽`*)アハハ、梨梨子は暑いのも歩くのも嫌いだもんな」って
えへへ(〃´∪`〃)ゞ、そのとーり

ベッドに寝そべってテレビを見るご主人様の横にくっついて腕枕をしてもらうと
ぎゅっとして下さった後、乳首を弄られました。
気持ち良くてすぐにスイッチが入ります。
私の右手がご主人様の太腿に触れて、この先にあるものを触っていいのか?
以前「ダメ」って言われたことがあるから、今はどうなのか?
抱かれて弄られ喘ぎながらご主人様のモノにそっと触れてみる

ダメって言われない・・・
お腹にくっつくように上を向いているご主人様のモノを
そっとなぞる様に指先で触れてみると、私の喘ぎ声に反応するように
ご主人様のモノが波打って硬さを増すのがはっきりと分る

共感力で、私の興奮を共有してるのか?
それとも私の反応に興奮して、欲情して下さってるのか?
どっちなんだろう?後者なら嬉しいな・・・なんて思いながら
ご主人様のおちんちんがどんどん硬くなっていく感触と
乳首を弄られる快感に、身体も気持ちも熱くなっていく・・・

「ご主人様・・・気持ち、良いです・・・濡れて来たかも・・・(*ノωノ)」
「どれ?・・・本当だね~。いやらしいね~(^~^)」
なんて、私の足を開かせて覗き込んで確認されます。
そしてご主人様がコンドームを付け始めました。

あ、ご主人様するの?入れて貰えるの??
事前に「腹筋に力を入れるとまだ痛いから出来ないかもしれないよ」って
言われてたので、思わずニンマリ(*´∀`*)

足を抱え上げられ奥まで深々と突き入れられ
一番奥の小部屋に通じる入り口を何度も何度もノックされる
ああ・・・ご主人様、もっと奥へもっと奥へ・・・もっともっと・・・
「気持ち良いよ梨梨子・・・」
「っ・・・はい・・・う・れしいです・・・」
ご主人様の身体の一部が私の身体の中に入って
私の中で、私の内側を擦りあげる・・・いやらしくて不思議な行為・・・
興奮する・・・(*ノωノ)

ご主人様が私の中で最後の一滴を振り絞ってる時
身体が少し震えた。

コンドームを外した後ご主人様は、ティッシュを数枚取り
「梨梨子、拭いてあげるから足を開きなさい。」
「え・・・う・・・んん・・・(///ω///)」
恥ずかしい行為です・・・でも、だから、されるの嫌じゃないっていうか・・・
自分で拭いてる所を見られるのと、どっちが恥ずかしいかな・・・??

私が中途半端な体勢で躊躇っていると、グイッと足を開かれて
ちょんちょんと軽いタッチで拭かれてしまいました。(/ω\)

「梨梨子はまだ逝ってないでしょう?(^-^)」
「はい・・・」
「だよね(^-^)、熱いコーヒーを入れておくれ」
そう言ってご主人様はソファーに座ってテレビを見始めました。


続く・・・
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)