FC2ブログ
 

梨梨子の、ご主人様との事

ご主人様と大阪で、久々デート③

お風呂から出て、またホテルで晩御飯。
私は増血にも良いステーキ御膳、ご主人様はカツカレーでした。
豚カツがお好きなんですよね~^^

以前食べ物の話をしている時、カロリーの話になったりすると
「同じカロリーなら、カツ丼食べた方が良くない?」とか
「それならカツ丼2杯分くらいはあるんじゃねえか?」とか・・・
何かとカツ丼と比べていたので、ホントにカツ丼好きですねーって
笑ってたんだけど、私はそれを『カツ丼換算』と呼んでいました。ww

食事が済んだ後は、部屋を移動する準備です。
着替えて、荷物をまとめて、ご主人様がフロントに
「部屋を移動したいんだけど、今空いてる部屋はありますか?」って
問い合わせたところ、「只今満室で、二組のお客様がお待ちです」との事。

まだ、滞在可能な24時間には間があるけど、
一旦外で時間を潰す事も覚悟しました。(^^;
・・・が、少し後になってフロントの人が
「お部屋が空きましたので、移動して下さい」って電話をくれた。
なんて親切なんでしょう~(*^0^*)

でもよく考えてみれば、
経営者ならば1日に何度も人が出入りしてくれた方が嬉しいだろうけど
時間給で働く従業員にしてみれば、長く滞在している部屋は
その間掃除をしなくて良いんですもんね。楽できる~
(それとも、歩合とか手当とかあるのかな???)

前日の清算を済ませて、早速部屋を移動。
移動する為だけに着替えた服も、さっさと脱いでくつろぐ。www
お風呂にはさっき入ったし、寝るまでフリータイムです。
ベッドでご主人様の腕枕でテレビを見ながらのんびり・・・した後は、

「梨梨子、寝る前にもう1度しようか(^-^)」
「はい。(*´∀`)」
「じゃあ、脱いで。」
「はい。(//∀//)」

ここでも実は私の希望が・・・
些細な事なのでご主人様も気付いていなかったのですが
この数年間、ベッドでご主人様とえっちする時
私はいつもキャミを着たままだったのです。

着衣のままがお好みなのかな?
私が太ってて奇麗な身体じゃないから着せときたいのかな?
着ていても邪魔にならない程度にしか触る気が無いのかな?

余計な事を色々考えてしまう・・・

全裸になるのは色んな意味で恥ずかしいんだけど、
恥ずかしいのが好きなので・・・(*ノωノ)
全てを曝さないで済んでいる状態は、たとえ捲れていても
『隠している』事に変わりがなく、『安全な状態』のままでいる事に
『無防備』ではない事に、ずっと物足りなさを感じていました。

その内「脱げ」と言って下さらないかな・・・って期待していたんだけど
ご主人様は多分無意識だから、言わないと分からないんだろうなって
思い切って昼間にお願いしたのです。

「ご主人様・・・えっちする時いつも私、着たままじゃないですか?」
「んんー、そうかい?」
「そうです。もうずっと・・・最初の頃の何回か以外はずっと着たままです。
私・・・脱いでしたいです・・・」
「そうか~気付かなかったよ。脱がないでも出来るからな~(^^;」

ううう・・・やっぱり気付いてない・・・
だけど、本当の本当の所は、このキャミ1枚が、ご主人様にとって
何ら『邪魔』にならないという事が、寂しいんだよな・・・( ノД`)シクシク…
まぁ・・・それは置いとくとして・・・

幾つかの希望の一つが、『全裸にして頂く事』でした。

「お、そういえばこれをまだ使っていなかったね~。」
そう言ってご主人様は、枕元の電マを手に取りました。
「えっ・・・ん・・・でも・・・電マは・・・(;´Д`)」
そんな激しいのする気分じゃない・・・かも・・・?
「折角あるんだから使わないとね^^」

ご主人様は私の戸惑いを知ってか知らずか、私の足を開かせ
電マをあてがい、容赦なくスイッチを入れる
「あっ、ああああ・・・ああ・・・あっん~~~あああ~~~あっ・・・いっ・・・」
逝く寸前でスイッチが止まる、何度も何度も
絶妙なタイミングでの寸止めに 身体が熱くなる・・・

「逝った?(^-^)」
「(*´Д`)ハァハァ・・・逝ってません・・・」
「だよね~。(⌒▽⌒)アハハ」

ご主人様が楽しそうに私で遊んで下さってるのが嬉しい(〃艸〃)ムフッ
嬉しくてトロ~ン(*´А`)ってなる💕

そしてまた電マのスイッチが入る。
「んあああ~~~っ、あああ~~~ん、あ・あ・あ・・・んん~~
あっ、いっ・・・イッ くーーーっっ!!!><。」
「(⌒▽⌒)アハハ」
「あああ~~っっ!!あああ、いいい・・・逝くぅ・・・><。」
「(⌒▽⌒)アハハ」

今度は何度も何度も 繰り返し逝かされ続ける・・・
(ああ、もう・・・もう、だめ・・・っ><。だけど
まだ、限界じゃないもん・・・まだ頑張れるもん><。まだ・・・)
「ああ、あ・あぁ~~ん~、いぃ・・・いっ・・・イっくぅ・・・(;≧Д≦)。」
「(⌒▽⌒)ハハハハハ・・・」

私が何度も逝った後、ギブアップする前にスイッチが切られる。
(ああ・・・またご主人様の方が先に止めちゃった・・・なんでだろう?
私が可哀そうになっちゃうのかな?? (^-^;)多分そうだ)

ご主人様は 私が充分に濡れているのを確認してから
指に付いた粘液を私の身体に擦り付け
コンドームの準備をし始めた

「ご主人様、んと・・・後ろから して欲しいです」
「膝が痛いって言ってなかった?大丈夫かい?」
「うん、たぶん」

でも四つん這いになって後ろから入れてもらったのに
ご主人様の体重が少しかかっただけで 痛くて潰れちゃった><
仕方ないからいつも通りに前から・・・(//▽//)

「ん、ああ・・・ご主人様、気持ち良い・・・(*´Д`)ハァハァ・・・」
「どんな風に気持ち良いんだい?」
「えと・・・(*´Д`)ハァハァ・・・ん・・・」(どんなって・・・)
「どんな風に?」
「ん・・・えと、えと・・・(*´Д`)ハァハァ・・・あ・あん・・・」
(え・・・解んない・・・@@@)
「どんな風に?」
「んと・・・なん か・・・い、異物感?・・・(*´Д`)ハァハァ、んっんんっ・・・」
(この不思議な感覚、言葉にできないよぅ~( ノД`)シクシク…)
「ふふふ・・・」
「んぁ・・・ん・・・ご主人様、大好き…💕」
「知ってる^^」
「はぅ・・・(*´Д`)💓」

もっと一杯好き好き言いたいけど、
「あんまり言うと慣れちゃうからダメ」ってご主人様が言うから
我慢してるのです。


続く・・・

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

朝から読んでいて楽しくなりました!
でも、きちんとエロは表現できていて、こちらも元気に立っちゃいました~
目が覚める投稿をありがとうございます!

mirai | URL | 2017/11/24 (Fri) 06:52 [編集]


Re: mirai様

いつもコメントありがとうございます。(*^0^*)
楽しんで下さったようで嬉しいです~

今回はちょっとエロ控えめで・・・っていうか
えっちばっかりしてたから、記憶がごちゃ混ぜになっちゃって
(;´▽`A``あはあは・・・
もっとエロ気持ち良い事も色々あったのですが、表現できませんでした。

もっとちゃんと覚えてられたらなーーー><

梨梨子 | URL | 2017/11/24 (Fri) 23:01 [編集]


こんばんは 梨梨子嬢
布一枚 されど 布一枚

主目線でいえば 多分
【中身を知っているが故に気にならない布だった】
【それよりもっと好きなことをしているので気にならなかった】
という感じでしょうか・・・
梨梨子嬢の脳裏に浮かんだ選択肢は
独特の従者心ですよね 可愛いなぁと 思ってしまいます///

--------------------------------------
「好き」を 特別のお楽しみの言葉にしてくれている 主様
--------------------------------------

言い換えれば そうなりますよね
大切なればこそ 主それぞれの 従者を大事にする その【仕方】

今宵も暖かくなれました ありがとうございます^^

夜桜 | URL | 2017/12/01 (Fri) 01:46 [編集]


Re: 夜桜様

ありがとうございます、夜桜様(*´∀`*)
そうですね~確かに、もうどんなんか知ってますからね。
布1枚有ろうが無かろうが関係ないのでしょうか…

ご主人様はちょいちょい「飽きる」とか「慣れる」とか
言う事があるんですよね。
遠隔でして頂くえっちも、
「毎日してたら馬鹿になるから週1回ね。」って(^^;
今では「え、俺そんなこと言った?」とか言ってますけどね。

梨梨子 | URL | 2017/12/02 (Sat) 17:33 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)