FC2ブログ
 

梨梨子の、ご主人様との事

ご主人様と福岡、山口でデート②

今年はご主人様の出張、西日本側が結構あって、
何時もより沢山逢えそうな感じなのです。(n*´ω`*n)
そして実はもう次のデートの予定が近づいておりまして
駆け足で更新しないともう・・・訳分らん事になりますので💦
「箇条書きじゃないだけまし」、な感じで記録したいと思います。


初日のホテルのお風呂↓  テレビが付いててまぁまぁゆったり。
チャペルのお風呂

でもラブホのお風呂って浅いんですよね~肩まで浸かれない。
重なると上の人お湯から出ちゃう~(;´Д`)
あ、そりゃ私達が体積多めだからか。(特に私がね!)
私はすぐ熱くなっちゃうから半分出てても全然良いんだけどね。
ご主人様は温まりたい方だから。
なのに何時も私に合わせて温いお風呂に入って下さってます。💦

いつも通りお風呂でも一杯可愛がっていただきました。
例の先っちょだけ入れる「つんつん」もして頂きました。(n*´ω`*n)
先っぽがプリッと入って、ぷちゅんっって抜ける感じが堪らない!
入り口付近も気持ち良いポイントだしね💓

「これが気持ち良いのかい?」
「はい・・・気持ちイイですっ・・・(*´Д`)。。」
「何処が気持ち良いんだい?」
「い、入り口のとこ・・・」
「でも入ってないよ?」
「入ってますっ!先っちょだけ入ってますっ(;´Д`)ノ あ・ん気持ち良い・・・」
「(⌒▽⌒)アハハ! でも入ってないよ?」
「ちょっとだけ入ってますぅー!(*´Д`)」

なんてどうでもいいような事をイチャイチャおしゃべりしながら
何時もお風呂で遊んで頂いてます。えへへ(〃´∪`〃)ゞ
お口でご奉仕もしました。
吸ったり舐めたり扱いたりしてーー直ぐに発射しちゃったら勿体ないので
何度か精液が戻っていくのを楽しみながら、最終的には
私の舌と唇に発射していただきました。💋ちゅー

お風呂から出て水分補給しながら少しテレビを見ていたんだけど
私とっても疲れてて横になりたかったので、
「ご主人様ベッドでテレビ見ませんか?」って聞いたら
「おう、いいぜ。(^-^)」って言って下さったのでベッドへ。

ここのベッド凄く高いんですよね。(;´▽`A``
身長が150センチとかの小柄な女性なら腰掛けられないかも?
163センチの私でも深く腰掛けなくても足ブランブランです。

二人並んで横になってご主人様の腕枕に頭を乗せると
私にお布団を掛けてくださいます。
「あぁ、私暑いのでいいです(;´Д`)」って言うと
笑いながらお布団をかけてぎゅーーってされました。(*ノ∪`*)

ぎゅーーから解放されるとお布団を脱いで(;´▽`A``
(もちろんお部屋はギンギンに冷やしています)
テレビを見るともなく見てたのですが、お互いに疲れてたので
いつの間にか眠っていました。

そして夜中の何時頃だったんだろう?ご主人様が起きて
それで私も目が覚めて、何時もならそのまま寝てたのかもしれないけど
「10倍しよう」を、実行しなきゃと思って下さったのか?
私を弄ってたらしたくなってきたのか?
(まぁ私は弄られて準備オッケーになってた訳ですけども((ノェ`*)っ))タシタシ)

ご主人様は私に挿入した後、私とご主人様の間にデンマを挟んで
スイッチを入れたのです。
「おお、気持ち良い(^-^)」なんて言いながらご主人様が腰を使い始めると
私も凄く気持ちよくなってきて、
ああ、何だコレ?何だコレ?と思ってる間に昇り詰め
・・・4回、5回と連続で逝くうちに、頬の筋肉が泣き叫ぶ時のように引き攣り
自分の意志では元に戻せない、もうこのままでは
どこかがおかしくなってしまう、既に顔面崩壊だ!ってなって

「もう、だめーっ><」  って言っちゃった。

ご主人様は容赦無い方ではないので、直ぐに止めて下さって
笑いながら「珍しいね~」って。
でもご主人様はまだ逝ってないので、デンマは使わずにそのまま
正常位で続きをしてたんだけど、お風呂で一度出してるせいか?
中々逝けないみたいで、その内困ったことに
仕事の疲れか?お部屋の冷やし過ぎか?私の太腿が攣ってしまって💦

「ご主人様、足が攣ったー(;´Д`)」
「え、本当か、大丈夫か?」って言いながら、サッカー選手がするみたいにして
直そうとしてくれたんだけど、ふくらはぎじゃなく太腿なので効果が無くて💦
自分で痛い所をマッサージして治まったんだけど、
ご主人様はまだ途中。「ううー、モヤモヤするー><」と仰るので
私がお手々でご奉仕させて頂きました。

翌朝のベッド↓ 高さはちょっと分かり難いですね。床と寝台の色が同じだから。
チャペルのベッド

朝は10時に朝食です。
ご主人様は鶏天の和定食、私は海老カツバーガーかな?(牛じゃなかった気がする)
どっちも美味しかったです。

のんびり支度して、12時にチェックアウト、山口方面に向かいます。
お腹も減ってないし、次のホテルへは夕方くらいに入れればいいし
高速を使わずにのんびりドライブしながら行こうって、
スマホのナビに行先だけ入力して出発しました。

下関は高速は橋だけど、一般道は地下です。
地下道を抜けて進みつつ、ご主人様が「どうせなら海側を走りたいな」って
ナビを無視して海側へ海側へ(ノ∇≦*)
海は見えたけど、海沿いっていう訳にはいかず、
入ってみたいお店も見つからないまましばらく進むと「道の駅」の看板が。
そろそろトイレに行っておきたいなって思って
道の駅に寄ることにして走っていたのですが、全然それらしきものが無い。
いつの間にか過ぎたのかと思っていたら大分経ってからまた看板が!
立ち寄ってみると結構賑わっていて、ランチは残念ながら終わっていたけど
美味しそうだったのでシフォンケーキを買いました。
それを車の中でご主人様と半分こして結局それが昼食になっちゃいました。

次のホテルは、チェックインから24時間滞在できるので、
お昼過ぎまで居るには十分な時間。
そのままホテルに入りました。
ネットで見た印象よりかなり古い戸建て形式のホテル。
露天風呂もあるというので、割増料金だけどそこにした。
食事は通常はあるんだけど、週末は人手が足りないらしく出来ないと
近くのコンビニを勧められました。
このホテルに泊まる人はみんなここで食事を調達する事になってるみたいw

部屋に入りドアを開けるといきなりソファとテーブルに進路を阻まれる(;´∀`)
ビバリーヒルズ部屋

そして周りを山や畑に囲まれたホテル、虫が出るんでしょうねー
テレビの横に殺虫剤が3種類置いてありました💦
まず玄関の中に蟻の行列が・・・靴にたかられても困るので早速使用しました💧
そして露天風呂、どう見ても何日も掃除されていない・・・
落ち葉、大きな蜘蛛の死骸に蟻がたかってるのがそのまま・・・
バスタブは使えるようだけど・・・いきなり後悔 (;´∀`)
ビバリーヒルズ露天

割増料金払ってこれなら露天要らなかったなって、ちょっとブルーな気持ちになったけど
ご主人様はマイナスな気分を引きずらない人、
「まあ仕方ないこれも勉強だ、コンビニ行っとくか。(^-^)」って
早速コンビニへ、夕食と朝食を調達に。

色々カゴに詰めてレジを打ってもらってる時、ご主人様の選んだ冷食の
担々麺だったかな?これってどんぶりが要るんじゃない?って気付いて
確認したら、やっぱり器が必要なやつだった。
「梨梨子よく気が付いたねー、でかしたぞ!(^-^)」って褒められた♪
器の要らないものに交換してもらって事なきを得ました。


大分長くなったので続きます・・・

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)